光触媒事業

光触媒の仕組み

光触媒とは、光をエネルギーとして物質に科学変化を起こさせる媒体すなわち触媒です。
自然界では、植物の葉緑素による光合成が光触媒です。葉緑素は、光をエネルギーとして化学変化を起こさせ、二酸化炭素と水分から、デンプンと酸素を作り出します。光触媒反応を起こす物質としてポピュラーなのが酸化チタン(Tio2)です。
酸化チタン自体は、光触媒反応を作り出しても減る事がありません。
表面に光エネルギーを受けると強力な酸化還元反応を起こし、接触する有機物、雑菌などを炭素と水分に分解し無害化します。

光触媒反応を起こす素材としての酸化チタンは、白色の顔料や食品添加物として使われる 極めて安定した物質です。紫外線を吸収する事から、化粧品などに使われています。酸化チタンの表面に光エネルギーが当たると、空気中の水分と酸素と反応し、OHラジカルなど の活性酸素を発生させます。 このOHラジカルは強力な酸化分解力を持ち、シックハウスの原因物質であるVOCなどの有機物や雑菌、インフルエンザウイルスなどを炭素と水分に分解し無害化します。
 
光触媒反応とは 光触媒とは、光をエネルギーとして物質に科学変化を起こさせる媒体、すなわち触媒です。(酸化チタンが代表物質)
反応する物質 酸化チタン(半導体)は、光触媒反応を起こす代表的な物質
酸化チタンとは 光触媒反応を起こす素材として酸化チタンは、白色の顔料や食品添加物として使われる極めて安定した物質です。紫外線を吸収することから、化粧品などに使われます。
OHラジカル 酸化チタンの表面に光エネルギーが当たると、空気中の水分と酸素に反応し、活性酸素(OHラジカルなど)が発生します。
酸化分解 OHラジカル(活性酸素)が、有機物(ウイルス・雑菌・臭い)を二酸化炭素と水素に分解し無害化(不活性化)します。

光触媒による2つの作用《酸化還元・超親水》

通常の空気中や水中で光触媒に光をあてると、空気に含まれる酸素が励起電子により還元されると同時に、いろいろな有機、無機の化合物が酸化されます。たとえば、室内の空気中にあるホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)が正孔により二酸化炭素(CO2)にまで酸化される「無機化」がおこります。このように化学物質が分解除去される光触媒酸化反応は、さまざまな製品に応用されています。
このような酸化反応とならんで応用がすすめられているのが光誘起超親水化現象です。酸化チタンなどの光触媒をコーティングした表面に光を照射すると、水をかけても水滴ができず、うすい水の膜状にひろがるという表面の「超親水化」がおこり、光照射をやめてもしばらくその状態が持続します。これも光触媒反応の一種です。ビルの外壁やガラスを光触媒でコーティングすると、汚れがつきにくく、ついても雨水によって流れやすくなる「セルフクリーニング」効果が期待できます。

Hannou Coatとは

主成分は二酸化チタン光触媒粒子 及び非結晶型水

酸化チタン(アモルファス)で、非結晶型水酸化チタンはわずかに濁りのある水溶液になっており、粘性があり、付着力を持っています。非結晶型水酸化チタンは二酸化チタン光触媒の粒子と粒子の隙聞に入り込んで粒子同士の結合を強固にするとともに、基材との密着性を付与します。しかも、常温にて結晶化し、光触媒として働くように なるとともに、強固に定着します。二酸化チタン光触媒粒子の粒子径は今までは10nm前後が限界と言われていましたが、今回取得した特許による特殊製法で一次粒子径の理論値1.27nmlに近づけることができました。それにより従来の二酸化チタン光触媒粒子を水やアルコールに分散しただけのスラリーと違って、電位定着に優れ中性となっています。

ハンノウコートはしっかりと噴霧する事でお部屋全体に隙間なく抗菌・抗ウイルス・消臭バリアを張ります

室内での光触媒コーティングの施工には大きく2つあります。1つは従来より用いられる手法で、ガンスプレーなどによる吹付け施工です。しかし、吹付けによる施工の場合、塗り残しや吹きすぎなどのリスクがどうしても出てきます。ハンノウコートは独自開発した専用の噴霧器を利用し、お部屋中に2.5ミクロンの細かな粒子でお部屋中に充満するまでしっかりと噴霧します。その結果、床・壁・天井はもちろん、設置してある什器(机、椅子、棚など)さらにわずかな隙間にもしっかりと行き届き、どの職人さんが施工しても、クオリティを損ねることなく、お部屋全体を余すところ無くコーティングする事ができます。

感染症予防・防臭のしくみ

お部屋全体にコーティングしたハンノウコート(光触媒)のバリアに光があたると、OHラジカルなどの活性酸素を生成し、そこにウイルスや菌、臭い成分などの有機物が接触する事で、分解・無害化します。例えば、ハンノウコートで全体をコーティングしたお部屋にインフルエンザ患者が来て、咳やくしゃみでウイルスをばら撒いてテーブル、椅子、ドアノブなどにウイルスが付着しても、お部屋の明かりがついていればコーティングされたハンノウコート(光触媒)と接触し、不活化しますので、そのお部屋で「接触感染」が起こるリスクを大幅に軽減できます。防臭も同じ原理で、コーティングされた面に臭い成分が接触する事で、分解しますので、臭いが消える仕組みです。

Hannou Coatの定着性

光触媒コーティングは、剥がれやすさとの戦いでした。ある製品はバインダー(接着剤)を使ったり、またある製品は細かな粒子で浸透させたりとさまざまな手法でコーティングを長持ちさせる技術を開発してきました。ハンノウコートでは、独自特許技術である水酸化チタン(アモルファス(ドロドロの粘着性)状態のチタン)をベースにした「ハイブリッド酸化チタン」です。酸化チタン粒子の隙間にこの粘着性のある水酸化チタンが入り込み、酸化チタンどうしを結合させ、さらにはコーティング面との密着性を保ち、常温で結晶化しますので、コーティング面に強固に密着して簡単には剥がれる事はありません。第三者機関の「おおさかエコテック」にて持続力の効果が実証されています。

外壁・ガラス用 Hannou Coat

光触媒のもう一つの機能《超親水作用》

光触媒を建物の外壁やガラスにコーティングした場合、酸化チタンは、水との相性が良いため、 壁面と汚れの間に水を入り込ませ、汚れを浮き上がらせます。 雨天時に、汚れを洗い流す効果があります。 (セルフクリーニング効果)

外装での光触媒の機能

光触媒コーティングされた外装に、窒素酸化物(NOx)などが接触すると、酸化分解作用により無害化され、 雨水などで流されます。 光化学スモッグの原因となる大気汚染物質を分解無害化すると同時に、防汚効果を発揮します。

親水反応の用途

この親水性を活用する事により、光触媒で、汚れない建物や看板が出来ます。 大規模建物では、外壁の洗浄コストが1/8に削減出来たという事例も出て来ました。

ハンノウコート溶剤

ハンノウコートHF 自動車車内のタバコ臭、ペット臭などの消臭、介護施設送迎車の抗菌、幼稚園送迎バスのインフルエンザ対策に効果的です。
ハンノウコートDC 老人介護施設、病院、幼稚園保育園、一般住宅、ホテル客室などの消臭、抗菌、抗インフル対策に効果的です。無臭水溶性ですので、施工後の臭いが残らず、短時間のコーティングが可能です。
ハンノウコートFB トイレや、喫煙室などハードなコーティングに有効なコーティング剤です。
喫煙室壁面のニコチン除去効果に優れ、清掃の簡易化が可能です。
ハンノウコートBP 外装の防汚目的と同時に、NOx(窒素酸化物)、SOx(硫黄酸化物)などを分解し、大気浄化に効果的です。道路防音壁などに採用されています。
ハンノウコート
CRシリーズ
親水性に優れ、外装の防汚目的に効果的です。雨水で、汚れが流れ落ちます。
住宅外装、ガラス外側などに採用されています。

※目的、基材、環境により塗布量、塗布方法が違います。詳しくは、お気軽にお問合せください。

570ミスト光触媒専用噴霧器

コンパクトでハイパワーな、光触媒専用室内噴霧器です。圧縮空気を渦状に膨張させることにより、超微粒子が発生します。この噴射ノズルで、2.5ミクロンの粒子を浮遊でき室内の隅々まで噴霧可能な機械となります。

光触媒専用スプレイガン

液剤の少量噴霧、および微細粒子で噴射吐出することを目的とした二流体ノズル方式のハンドガンです。ガラス面などの室内用で使用できない場所やガラス面など超薄膜に塗布する作業に最適です

メニュー

事業や商材募集について
お問い合わせはこちらから

〒130-0013
東京都墨田区錦糸1-2-1
アルカセントラル14階

PAGE TOP